デル・シャノン シングル・レコード

日本で「街角ボーイ」とニックネイムが付くほど“街角”と付くタイトルの歌が多かったデル・シャノンは、1939年12月30日にミシガン州グランド・ラビッツで生まれた。少年時代から音楽が好きで、14才の時にギターを習い始めた。デルは、レイ・チャールズやエラフィッツ・ジェラルドに惚れ込んで歌手に憧れた。

1957年、ハイスクールを出て軍隊に入隊しドイツに駐留。プレスリーの物まねでギターを抱えて歌い駐留隊の名物男となった。軍の音楽コンテストに出て優勝した。除隊後は、クラブやダンス・ホールで歌い始めた。ある日デトロイトにあるプロダクションからスカウトされ、ラジオやテレビに出演するようになった。

1961年に自作の「悲しき街角」でデビュー。これがその年の4月に全米ナンバーワンとなり、一躍スターの座を射止めた。裏声を使ってシャウトする独特の歌い方でティーン・エイジャーの人気を高めた。続けて「花咲く街角」「さらば街角」「街角のプレイ・ガール」「恋する街角」「スイス娘」など相次いでヒット曲を出した。数年ヒット曲のなかったデルが1965年に出した「太陽を探せ」が大ヒットし奇跡的にカムバックした。日本では飯田久彦が「悲しき街角」、坂本九が「花咲く街角」をカバーしてヒットさせた。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

2

<ご購入に関して>
必ず「お買い物の留意事項」をご確認の上、ご注文いただけます様にお願い致します。
また、商品詳細ページに記載しております「レコード盤の状態」もあわせてご確認下さい。