カーペンターズ

やさしい歌声で耳に心地よく響くポップスを聞かせてくれたカーペンターズは、リチャードとカレンの兄妹のデュオ。二人は米国コネティカット州ニュー・ヘイブンで生まれた。リチャードは1946年10月15日、カレンは1950年3月2日生まれ。1963年頃、リチャードは楽器演奏トリオを組み、ニュー・ヘイブンにあるバーやクラブに出演していた。家族でロサンゼルス郊外のダウニー市に移った後、1965年に妹のカレンが小さなレコード会社“マジック・ランプ”と契約していたこともあって、可憐のバッック演奏を務めた。この時、カレンは「アイル・ビ・ユアーズ」と言うタイトルのシングル・レコードを出している。

その後、以前組んでいたバンド仲間でベースを弾くウェス・ヤコブスとカレンとでジャズ・インストゥルメンタルのリチャード・カーペンター・トリオを結成。カレンはドラムを担当した。1966年にハリウッド・ボールで行われたバンド・コンテストで優勝。RCAレコードと契約したが、売り込む材料が何もなく契約を解除された。音楽を勉強したいとヤコブスは大学に戻りグループから抜けた翌年の1968年、彼らのデモテープを聞いたA&Mレコード会社の創設者“ハーブ・アルバート”は、兄妹デュオとして契約し、1969年にデビュー・アルバム「オファリング」をリリースした。

アルバムの中からビートルズのナンバーを美しいハーモニーで歌った「涙の乗車券」がシングルカットされ、全米ヒット・チャート54位まで昇った。1970年にリリースした「遙かなる影」が4週連続のナンバーワン・ヒットとなり一躍スターダムにのし上がった。その後「愛のプレリュード」「シング」「イエスタデイ・ワンス・モアー」「オンリー・イエスタデイ」「スーパー・スター」など大ヒットを連発した。「遙かなる影」「トップ・オブ・ザ・ワールド」そしてマーベレッツやビートルズのヒットナンバー「プリーズ・ミスター・ポストマン」の3曲がナンバーワン・ヒットとなった。

ジャンルを問わずうまく歌いこなす彼らはイギリスのグループ、ハーマンズ・ハーミッツのヒット曲「見つめ合う恋」をカバーしてイギリスのヒットチャート・トップ10ヒットを飛ばした。70年代後半からヒット曲に恵まれなくなった。80年代前半、カレンは徐々に体調を崩し始めた。「拒食症」に犯されていた。1983年2月4日に心臓発作で倒れ、両親のホームタウン、ニュー・ヘイブンの病院にて、32才の若さでこの世を去った。その後、リチャードはカーペンターズのヒット曲を12枚のCDにするためのスーパーバイザーとして「カーペンターズ名曲集」を完成させた。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

3

<ご購入に関して>
必ず「お買い物の留意事項」をご確認の上、ご注文いただけます様にお願い致します。
また、商品詳細ページに記載しております「レコード盤の状態」もあわせてご確認下さい。